1. TOP
  2. 勉強法
  3. 中国語の検定や資格を受ける前に必読!【中検とHSK各級のレベル&難易度】

中国語の検定や資格を受ける前に必読!【中検とHSK各級のレベル&難易度】

LINEで送る
Pocket

中国語検定のレベルと難易度



出題・解答形式と配点

中国語検定は準4級〜1級まであり、
一番下の級が準4級、一番上の級が1級になります。

中検各級の出題・解答形式
準4級
リスニング (マークシート)50点
筆記 (マークシート・記述式)50点
合計100点

4級
リスニング (マークシート)100点
筆記 (マークシート・記述式)100点
合計200点

3級
リスニング (マークシート)100点
筆記 (マークシート・記述式)100点
合計200点

2級
リスニング (マークシート)100点
筆記 (マークシート・記述式)100点
合計200点

準1級
リスニング (マークシート・記述式)100点
筆記 (マークシート・記述式)100点
合計200点

1級
リスニング (マークシート・記述式)100点
筆記 (マークシート・記述式)100点
合計200点

準1級と1級はリスニングでも書き取り問題(記述式)があるので、 難易度がグンと上がります。
また、記述式の時は簡体字を使用する事が決められています。
字体が混ざってしまうと減点の対象になりますよ。

 

合格基準点

準4級:リスニング・筆記、合計60点
4級:リスニング・筆記、各60点
3級:リスニング・筆記、各65点
2級:リスニング・筆記、各70点
準1級:リスニング・筆記、各75点
1級:リスニング・筆記、各85点

※準4級のみリスニングと筆記試験合わせて60点を超えていれば合格となります。
それ以外の級は全てそれぞれ合格ラインを超えている必要がありますのでご注意を。
また、問題の難易度によっては、合格点が変更される事があるようです。

 

合格するためのレベル目安

中検準4級
目安:ピンインや四声など基礎の基礎をマスターしている。
学習時間:大学の第二外国語を半年履修(60〜120時間ほど)
語彙数:基礎単語約500語
中検4級
目安:中国語の基礎をマスターしている。
学習時間:大学の第二外国語を1年履修(120〜200時間ほど)
語彙数:常用語500〜1000語
中検3級
目安:基本的な文章の読み書きや簡単な日常会話ができる。
学習時間:大学の第二外国語を2年履修(200〜300時間ほど)
語彙数:常用語1000〜2000語
中検2級
目安:やや高度な文章の読み書きや日常会話が難なくできる。
学習時間:2 級より上のレベルは個人差があります。
語彙数:3000〜6000語
中検準1級
目安:社会生活に必要な中国語を基本的にマスターしていて、通常の文章の中国語訳・日本語訳、簡単な通訳ができる。
(日本人的な感覚でいうと、中国語ペラペラのレベルです。)
学習時間・語彙数:目安なし
準1級と1級はかなりのレベルになっており、明確な目安がありません。)
中検1級
目安:中国語ペラペラ+複雑な中国語及び日本語
(例えば挨拶・講演・会議・会談など)の翻訳・通訳ができること。ビジネスで中国語を駆使できるレベルです。
(中検1級は日本語のスキル・ビジネス中国語など、極めて高度な内容を求められため、中国語ネイティブスピーカーであっても合格は難しいと言われています。)
学習時間・語彙数:目安なし
(準1級と1級はかなりのレベルになっており、明確な目安がありません。)

 

中国語検定とHSKの違い

中国語の資格や検定は色々ありますが、
基本的には中国語検定もしくはHSKのどちらかを受験するのが望ましいです。
大学の第二外国語で中国語を受講しているのであれば、
どちらかを取得すると単位がもらえたり、今後の就職や転職にも役立ちますよ。

詳しくは別の記事で説明していますので、
ぜひ下記リンクを参考にしてくださいね。

リンク:HSKと中検の違い徹底分析

 

中国語検定各級の徹底解析

 

HSKのレベルと難易度


※HSKとは「汉语水平考试」の略

出題・解答形式と配点

HSKの筆記試験は1級〜6級まであり、
一番下の級が1級、一番上の級が6級になります。
口頭試験は初級・中級・高級と3種類あります。

HSK各級の出題・解答形式
1級
リスニング (マークシート)100点
筆記 (マークシート)100点
合計200点

2級
リスニング (マークシート)100点
筆記 (マークシート)100点
合計200点

3級
リスニング (マークシート)100点
筆記 (マークシート)100点
作文 (記述)100点
合計300点

4級
リスニング (マークシート)100点
筆記 (マークシート)100点
作文 (記述)100点
合計300点

5級
リスニング (マークシート)100点
筆記 (マークシート)100点
作文 (記述)100点
合計300点

6級
リスニング (マークシート)100点
筆記 (マークシート)100点
作文 (記述)100点
合計300点

口頭試験(初級・中級・高級):各級100点満点で評価されます。

 

合格基準点

1級:合計点の6割(120点)以上
2級:合計点の6割(120点)以上
3級:合計点の6割(180点)以上
4級:合計点の6割(180点)以上
5級:合否ではなくスコア形式(英語のTOEICやTOEFLと同じ)
6級:合否ではなくスコア形式(英語のTOEICやTOEFLと同じ)

 

合格するためのレベル目安

※HSK公式HPを参照しております。

HSK1級
目安:「中国語の非常に簡単な単語とフレーズを理解、使用することができ、具体的なコミュニケーションを行うことができる。中国語学習するための基礎能力も備えている。」ことが求められます。

学習時間:大学の第二外国語を半年履修している程度。
語彙数:基礎単語150語程度

HSK2級
目安:「身近な日常生活の話題について簡単で直接的な交流ができ、初級中国語の上位レベルに達している」ことが求められます。

学習時間:大学の第二外国語を1年履修している程度。
語彙数:常用単語300語程度

HSK3級
目安:「中国語を使って、生活、学習、仕事等における基本的なコミュニケーションができる。中国旅行の時も大多数の場合において中国語で対応することができる」ことが求められます。

学習時間:大学の第二外国語を1年半履修している程度。
語彙数:常用単語600語程度

HSK4級
目安:「幅広い範囲にわたる話題について、中国語でコミュニケーションをすることができ、中国語を母語とする者と流ちょうに話すことができる」ことが求められます。

学習時間:大学の第二外国語を2年履修している程度。
語彙数:常用単語1200語程度

HSK5級
目安:「中国語の新聞や雑誌が読めるだけでなく、中国の映画やテレビも観賞でき、さらに、中国語でスピーチすることができる」ことが求められます。

学習時間:学習経験2年〜3年以上(※個人差あり)
語彙数:常用単語2,500語程度

HSK6級
目安:「中国語の音声情報や文字情報を不自由なく理解することができ、自分の意見や見解を流暢な中国語で口頭または書面にて表現することができる」ことが求められます。

学習時間:学習経験3年〜5年以上(※個人差あり)
語彙数:常用単語5,000語以上

 

 

HSK各級の徹底解析

 

最初はどの級を受ければいい?


中検とHSK各級の難易度は先ほど紹介させて頂きましたが、
では、実際に受けるとなったら「何級から受ければいい?」と
疑問が湧き上がりますよね。

まずは、先ほど紹介した各級の難易度を今いちど再確認してください。
そしてあなたは今どのレベルなのかを照らし合わせて把握することが重要です。
さらに、目的によっても、受ける種類と級が変わってきますよ!

例えば、就職や転職を目的とするなら、
中検でもHSKでも、最低3級以上が目安になってきます。
つまり、それ以下の級は受けても力試し程度の役にしか立ちません。

特にHSKの1・2級については、多少学習すれば簡単に受かる内容ですので、
受験料も時間ももったいないです。
上を目指すのであればHSK3級で力試しをして、4級以上を目指すのをおすすめします。

ただし!今のあなたのレベルが初心者なら
無理して3級以上を受けても失敗し挫折を味わうだけですので、
初心者だけど力試しをしてみたい!ということなら、
HSK1級・HSK2級・中検準4級・中検4級あたりが良いでしょう。

 

一番大事なのは

ポイント
1.あなたはどんな場面で中国語を使いたいのか?
2.あなたの最終目標はなにか?
3.その目標に近づけるためにまずはどう行動すべきか?
4.そのために中検かHSKか、どちらが自分に必要か?
5.今の自分のレベルはどのくらいなのか?

この5つをしっかりと把握しましょう!
そうすれば、自然と目指す級が定まりますよ。

それでも中検かHSKで迷っているなら、
下記リンクを良くお読みになってください。
あなたが必要とする資格がどちらなのかをしっかり見極めてくださいね。

リンク:HSKか中検で迷ってる方へ

 

中検の合格率


中国語検定はHSKほど受験できる回数が多くありません。
基本的に年3回、1級は年に1回だけです。
毎回合格率が異なり、当然ですが、
難しい級になればなるほど、合格率も大幅に下がります。
しっかりと対策が必要になってきますよ!

過去10回分の合格率を一覧表にまとめましたので、
ぜひ参考にしてくださいね。


 

まとめ


いかがでしたか?

語学の場合、力を測るのにネイティブスピーカーと実際に会話をするか、
検定や資格を取得するかくらいしかないですよね?

そんな中、検定や資格の種類も様々あります。
級もたくさんあって、どこから始めたら良いか分からない!
たくさんの相談が寄せられました。

今回の記事は、そんなお悩みを解決するために書かせて頂きました。
あなたの悩みが少しでも解決されたら嬉しいです。

これから中国語の資格を取得しようとしているあなたを応援しています。
見事合格をつかみとってくださいね!
加油!

今後とも知りチャイナでは、中国語学習に役立つ情報を配信して参ります。
参考になったらぜひシェアや「いいね!」お願いします。
引き続きお役立ち情報をお届けする励みになります。

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

ビジネス中国語会話の学習サイト|知りチャイナの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ビジネス中国語会話の学習サイト|知りチャイナの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

yuka

yuka

出身:中国上海市
言語:中国語、日本語、上海語




経歴:日本人の父と中国人の母を持つハーフです。中国上海に12年間在住し来日。

文京大学英文学科を卒業し、ヤマト運輸グループのヤマトシステム開発で営業職を担当。

数々のプロジェクトや新規事業開拓に参加。

その後大手語学スクールに入社し、現在までに培った語学力とコミュニケーション能力を活かしジャスミン中国語スクールを設立。

ご挨拶:庄子有加です。1987年上海生まれ。小学校を卒業し、12歳で来日しました。その時日本語は一言も話せませんでした。

中学生という多感な時期に、言葉がわからない国へ移住する事は想像しがたい事だと思います。

しかし、この経験が私に言葉の大切さ、素晴らしさを教えてくれました。

言葉の壁に苦しんだ事があるからこそ、同じ様に言葉を学習したい方の力になりたいと思いました。

中国語は皆さんが思うほど難しい言語ではありません。

同じ漢字を使う日本人にはすごく勉強しやすい言語の一つです。

本サイト「知りチャイナ」では中国語学習に関するさまざまな情報を配信していきます。

あなたの中国語学習に役立つ情報を配信出来るよう努めてまいります。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【音声付き】同じ単語なのに意味が全然違う中国語と日本語35選

  • 中国語の検定や資格を受ける前に必読!【中検とHSK各級のレベル&難易度】

  • 「胸キュン度120%!!」台湾おすすめラブコメドラマ10選【2018年更新】

  • 『ゼロからはじめる』中国語初⼼者にオススメの勉強⽅法